読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報系大学生のデジタル一眼見聞録

一眼初心者による撮影日記です

初めての一眼からステップアップ〜候補レンズ編〜

こんにちは

先日の記事

 

yuukieos.hatenablog.com

 

 の続きになります

今回は具体的に候補としてあげられるレンズをご紹介します
 
なお、レンズはcanon EFレンズもしくはEF-Sレンズを中心に

後半では社外製EFマウントレンズも含めて
kissX7のダブルズームキットを持ってる状況を想定しての紹介になります

 

 

・純正単焦点レンズ

EF-S24mm F2.8 STM

 f:id:muranami3344:20170204210758j:image

写真はcanon公式HPより

実売1.6万円前後

 

王道パンケーキレンズ

換算焦点距離は38mm程度となり

いわゆる標準レンズ、とても使いやすい画角

 

に加え2.8の明るさによりボカしたい時になかなかいい具合にボケる

 

単焦点だけあって映りもとてもよく

また超薄型のため

軽量のkissと合わせると約600gの最軽量レベルの一眼となる

 

キットレンズの次にまず一本、にオススメ

私もkissに付けっ放しで持ち歩いてます

 

 

 

 

 

EF40mm F2.8 STM

 f:id:muranami3344:20170204211125j:image

写真はcanon公式HPより

実売1.6万円前後

 

同じくパンケーキレンズ

換算焦点距離は64mmとなり

少し画角が狭めであるがそこそこ使いやすい標準単焦点レンズ

これも同じく2.8の明るさであるが

焦点距離が長めの方がよりボケやすくなるため24mmよりもボケる

 

なによりこのレンズはフルサイズ対応のため

フルサイズ対応パンケーキという他にはない強みがある

 

ゆくゆくはフルサイズを考えてる人は最初に24mmでなくこちらを選ぶのも正解か

24mmに慣れてからこれを買い足しても画角の差のみなのであまり感動はないかも

  

 

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応

 

 

 

EF50mm F1.8 STM

 f:id:muranami3344:20170204211135j:image

写真はcanon公式HPより

実売1.4万円前後

 

通称撒き餌レンズ

このレンズを買ったものは新しいレンズを手に入れる事の喜びを知り

レンズ沼へとハマっていく事から

沼への撒き餌、として有名

 

最もこれはフルサイズ機に装着した時にちょうどいい画角である事も影響することから

APS-C機に付けると換算80mmと

少し望遠よりなのでいわゆるポートレートに向いているレンズではある

 

が、このレンズの凄いところは画角ではない

なんとこのレンズ

1万円台で買えるのにも関わらず

明るさが1.8なのである

 

1.8の世界はかなり違う

キットレンズを使っていた時点では感じられない

物凄いボケ味にほとんどの人は驚くでしょう

 

このレンズは買っておいて損はないです 

 

 

 

・広角レンズ

EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

 f:id:muranami3344:20170204211144j:image

写真はcanon公式HPより

実売3.5万円前後

 

キットレンズよりも広角側をカバーするズームレンズ

APS-C専用レンズとはいえ

換算16-28mmをカバーするかなりの広角さ

それが4万円でお釣りがくるのだから驚きです

(フルサイズ用の16-35mmというレンズは明るさが違うとはいえ10万円オーバーです

 

そしてなにより軽い

約280gと持ち出しやすい軽さ

一般的に広角レンズは重くなりやすいのでここも驚き

 

風景写真を撮っていて、もう少し広く写したいと思ったなら買いのレンズです

広角で撮れる写真は一味違った味わいになります

 

 

 

 

 

・社外製単焦点レンズ

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM 

 f:id:muranami3344:20170204211153j:image

写真はSIGMA公式HPより

実売3.5万円前後

 

ここからはキヤノン純正ではないレンズの紹介です

紹介するのはSIGMAというメーカーレンズです

こちらはサードパーティながら

純正に負けず劣らないレンズや

純正にはない特殊なレンズを作ったり

サードパーティと侮ることの出来ないメーカーです

また製造は福島の会津工場のため、国内生産で品質やサポートもバッチリ

 

そしてこのSIGMA単焦点レンズ

APS-C用ではありますが

 

なんと驚異の明るさ1.4

さらにARTラインというSIGMAの描写力の高いレンズラインナップの一員なので

 

解像力、映りが抜群にいいです

このレンズにしか出せない画があるといって過言ありません

 

是非手に入れて欲しいレンズであり

24mmと50mmを経由せずにまずこれを買っても間違いないと思われるレンズです

 

 

…強いて言うならこのレンズの映りに慣れるとキットレンズに不満が出てきて困るかも?

 

 

 

 

 

・社外製万能ズームレンズ

SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

 f:id:muranami3344:20170204211201j:image

写真はSIGMA公式HPより

実売5万円前後

 

こちらは特別映りがいいと言うわけではないですが(もちろん十分いいのだが)

レンズ一本で18-300mmまで写せる便利なレンズです

キットレンズ二本を付け替えずに済む上にキットレンズ以上の望遠までカバーできます

 

一眼はレンズが交換できるのが強みではありますが

撮影してて交換が面倒な場面もなきにしもあらずです

そのためこのレンズですと付けっ放しで近くから遠くまで写せます

 

もし望遠側にそこまで必要を感じないのなら

3万円前後の18-200mmというレンズも同じくSIGMAから出ているためそれもオススメです

 

 

 

 

・社外製優秀レンズ

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

 f:id:muranami3344:20170204211214j:image

写真はSIGMA公式HPより

実売8万円前後

 

最後はおまけです

値段も最初に買ったレンズセットよりもしてしまうため

少し値段のハードルは高いかと思いますが

 

わざわざご紹介するのはこのレンズが特異な存在だからです

 

このレンズ、ズームレンズなのに明るさが焦点距離で1.8です

通常ズームレンズはどんなに高価なものでも明るさは2.8通しが限界です

いくらAPS-C用とは言え、他では絶対にないレンズを作ってきました

 

さらにこれまたARTラインのため

描写力が抜群に高い…

この値段を出す価値はあるレンズです

 

 

SIGMA 標準ズームレンズ Art 18-35mm F1.8 DC HSM キヤノン用 APS-C専用 210540

SIGMA 標準ズームレンズ Art 18-35mm F1.8 DC HSM キヤノン用 APS-C専用 210540

 

  

おわりに

キットレンズの次のレンズとして

手軽な値段のものから少しハイグレードなものまで

何本も紹介してきました

初めての一眼からのステップアップをするのに

少しでも参考になれば幸いです

 

なお、色々紹介され過ぎてわからなくなってしまった人のために

もし、自分が一番オススメは?と聞かれた場合のレンズを下に再度掲載しておきます

 

それは

 

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM

 

です

描写力、ボケ味共に

驚きが生まれることは間違いないです

 

では